平成30年度 肝炎等克服実用化研究事業 公開報告会
-肝炎研究、その先に見えるもの-

肝炎等克服実用化研究事業では、肝炎治療実績の大幅な改善につながるような成果の獲得および普及を目指し、基礎から実用化までの一貫した研究開発を推進しています。本公開報告会では、この事業で平成30年度創出された主な研究成果について、広く社会の皆様に紹介いたします。
肝炎等克服実用化研究事業について詳しくはこちら

日時
平成31年3月16日(土)
13:00~17:00(開場予定12:30)
会場
イイノホール
(東京都千代田区内幸町2-1-1飯野ビルディング4F)
定員
500名(参加費無料)
主催
日本医療研究開発機構
後援
厚生労働省
プログラム
13:00-13:10 開会挨拶
林 紀夫 (AMEDプログラムスーパーバイザー)
13:10-13:15 来賓挨拶
大場 寛之 (厚生労働省 健康局がん・疾病対策課 肝炎対策推進室 室長)
13:15-13:45 知っておきたいB型肝炎の新しいお薬~実用化を目指して
田中 靖人 (名古屋市立大学大学院医学研究科 病態医科学講座 教授)
13:45-14:15 B型肝炎の臨床上の問題点とその克服に向けた基礎研究
大塚 基之 (東京大学大学院医学系研究科 内科学専攻器官病態内科学講座 消化器内科学分野 講師)
14:15-14:30 休憩
14:30-15:00 肝炎ウイルスを研究し、肝疾患の治療を目指す
岡本 徹 (大阪大学微生物病研究所 分子ウイルス分野 准教授)
15:00-15:30 IFNλ4の機能的役割の解明
本多 政夫 (金沢大学大学院医薬保健学総合研究科 病態検査学講座 教授)
15:30-15:45 休憩
15:45-16:15 肝線維化の分子機構と脱線維化薬開発の現状
河田 則文 (大阪市立大学 大学院医学研究科 肝胆膵病態内科学 教授)
16:15-16:45 肝臓の炎症・再生のメカニズムとiPS細胞を使った病態モデル
宮島 篤 (東京大学定量生命科学研究所 特任教授)
16:45-16:55 総評・まとめ
宮村 達男 (AMEDプログラムディレクター)
16:55-17:00 閉会挨拶
岩本 愛吉 (AMED戦略推進部 部長)

※各タイトルをクリックすると、YouTube内の該当する動画ページが開きます。

地図

イイノホール

〒100-0011
東京都千代田区内幸町2-1-1飯野ビルディング4F

  • 東京メトロ 日比谷線・千代田線 「霞ケ関」駅 C4出口直結
  • 東京メトロ 丸ノ内線 「霞ケ関」駅 B2出口 徒歩5分
  • 東京メトロ 銀座線 「虎ノ門」駅 9番出口 徒歩3分
  • 東京メトロ 有楽町線 「桜田門」駅 5番出口 徒歩10分
  • JR山手線・京浜東北線・東海道線・横須賀線、都営地下鉄浅草線、ゆりかもめ 「新橋」駅 徒歩10分
  • 都営地下鉄 三田線 「内幸町」駅 A7出口徒歩3分

詳しいアクセス情報は会場ホームページをご確認ください。

https://www.iino.co.jp/hall/access/

お問い合わせ

公開報告会運営事務局
〒111-0052 東京都台東区柳橋1-5-8 DKK 柳橋ビル3F 株式会社ディーワークス内
TEL:03-5835-0388(受付:平日10時~17時) FAX:03-5835-0296 E-MAIL: amed-kanen@d-wks.net
このウェブサイトは日本医療研究開発機構 の委託を受け、株式会社ディーワークスが運営しています。