IoT(Internet of Things)時代を向かえてますます多様化・高度化するサイバー攻撃に対して、攻撃を素早く検知・分析し被害の拡大を未然に防ぐセキュリティ対策の実現が喫緊の課題となっています。またビッグデータやAI(Artificial Intelligence)の社会での活用においては、プライバシー情報を安全に取り扱う技術が必須になるなど、サイバーセキュリティが扱う課題は日々拡大しています。

国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)サイバーセキュリティ研究所では、このような差し迫った社会課題に対処すべく、産学の皆様と連携してサイバーセキュリティ技術の研究開発を進めております。

本シンポジウムでは「Society 5.0に備えるセキュリティ技術」をテーマに掲げ、各分野で最先端の研究開発を進める方々をお招きしてご講演いただくとともに、NICTにおける最新の取組を現場で活躍する研究者により紹介させていただきます。

本シンポジウムは、「サイバーセキュリティ月間」(2月1日から3月18日まで)の取組の一環として開催します。

日時
2020年2月12日(水)13:00~18:00
会場
品川フロントビル会議室 品川フロントビルB1F(東京都港区港南2-3-13)
定員
200名(参加費無料、事前登録制)
主催
国立研究開発法人 情報通信研究機構(NICT)
後援
総務省 / サイバーセキュリティ戦略本部 /
電子情報通信学会 情報セキュリティ研究専門委員会 /
電子情報通信学会 情報通信システムセキュリティ研究専門委員会
プログラム(予定)
12:30 開場・受付
13:00 開会
13:00-13:05 開会挨拶
久保田 実(NICT サイバーセキュリティ研究所長)
13:05-13:10 来賓ご挨拶
近藤 玲子(総務省 サイバーセキュリティ統括官付 参事官)
13:10-13:50 講演1(招待講演)
  • 「暗号通貨とブロックチェーン技術」
面 和成(筑波大学 システム情報系 准教授)
13:50-14:20 講演2
  • 「機微データの安全な利活用に向けたセキュリティ基盤研究室の取り組み」
江村 恵太(NICT サイバーセキュリティ研究所 セキュリティ基盤研究室 主任研究員)
14:20-14:35 休憩
14:35-15:15 講演3(招待講演)
  • 「AIの利活用を巡る課題」
中川 裕志(東京大学 名誉教授/理化学研究所 革新知能総合研究センター グループディレクター)
15:15-15:45 講演4
  • 「サイバーセキュリティ研究室における機械学習技術の活用事例」
伊沢 亮一(NICT サイバーセキュリティ研究所 サイバーセキュリティ研究室 主任研究員)
15:45-16:15 講演5
  • 「ナショナルサイバートレーニングセンターの東京2020大会に向けた人材育成の取り組み」
安田 真悟(NICT ソーシャルイノベーションユニット ナショナルサイバートレーニングセンター サイバートレーニング研究室 主任研究員)
16:15-16:30 休憩
16:30-17:30 パネルディスカッション
  • テーマ「セキュリティリサーチャーズ with 室長 リターンズ」
モデレータ:井上 大介(NICT サイバーセキュリティ研究所 サイバーセキュリティ研究室長)
パネリスト:
辻 伸弘(SBテクノロジー株式会社 技術統括 脅威情報調査室 プリンシパルセキュリティリサーチャー)
根岸 征史(株式会社インターネットイニシアティブ セキュリティ情報統括室長)
piyokango(協力研究インコ)
17:30-17:35 閉会挨拶
中尾 康二(NICT サイバーセキュリティ研究所 主管研究員)
17:35 閉会
17:50 閉場

※講演タイトル及び内容については、変更がある場合もございます。
(敬称略)

map

●品川フロントビル会議室 品川フロントビルB1F

東京都港区港南2-3-13
http://front-c.jp/

参加には事前登録が必要です。下記リンク先の申込みフォームにてお申込み下さい。
なお、定員を超えた場合には参加をお断りする場合がございます。
お座りいただくお席は、一部の席を除き、当日会場内での受付先着順となります。

お申込みフォーム

NICT サイバーセキュリティシンポジウム事務局(株式会社ディーワークス内)
TEL:03-5835-0388(受付時間:10:00~17:00 ※土日祝日除く)
FAX:03-5835-0296 E-mail : security2020@d-wks.net