令和2年度 東京都依存症対策普及啓発フォーラム

依存症の対象には、アルコール・薬物・ギャンブル等といった様々な種類があり、とても身近な病気のひとつです。そして、依存症からの回復には、適切な治療と、周囲とのつながりがとても大切です。

今年のテーマは、「今だからこそ考えたい、依存症」。最近の依存症の動向、治療、回復について、臨床や回復支援の最前線の講師の皆様に、お話し頂きます。

依存症からの回復と、回復に必要な、「つながり」について、一緒に考えてみませんか?

依存症に関心のある方なら、どなたでもお申込みいただけます。皆様のご参加を、心よりお待ち申し上げます。

日時
令和3年1月13日(水)
12:30~16:30(開場 12:00)
会場
オンライン
定員
400名(申込多数の場合は抽選となります)
対象
依存症に関心のある都内在住・在勤・在学の方
参加費
無料
主催
東京都立中部総合精神保健福祉センター

第一部 基調講演

『人はなぜ依存症になるのか~「安心して人に依存できない」病としての依存症』

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 薬物依存研究部 部長/薬物依存症センター センター長 松本 俊彦

『薬物依存症支援のエビデンス —ダルク追っかけ調査より—』

国立研究開発法人 国立精神・神経医療研究センター
精神保健研究所 薬物依存研究部 心理社会研究室長 嶋根 卓也

『ギャンブル等依存症回復支援プログラム(C-GAP)』

東京都立中部総合精神保健福祉センター 副所長/高知大学客員教授 菅原 誠

第二部 トークセッション~依存症と回復~

特定非営利活動法人八王子ダルク 代表理事 加藤 隆

特定非営利活動法人ジャパンマック みのわマック 施設長 成宮 康彦

(敬称略)

参加には事前登録が必要です。下記リンク先のお申込みフォームにてお申込みください。
※12月28日(月)締切(申込多数の場合は抽選となります)

お申込みフォーム
お問い合わせ

フォーラム運営事務局 株式会社ディーワークス
〒111-0052 東京都台東区柳橋1-5-8 DKK柳橋ビル3F
TEL: 03-5835-0388 FAX: 03-5835-0296 E-MAIL: izon@d-wks.net